スマホを準備する際のポイント

MVNOが決まったら、次はスマホ選びです。

手持ちか新規購入か

MVNOが決まったら、次はスマホ選びです。
ドコモのスマホまたはSIMフリーのスマホを持っているなら、端末はそのままで多くの格安SIMが使えます。
また、格安スマホも続々登場してきているので、そちらを選択するのもありでしょう。

スマホ選びの3つの注意点

スマホを選ぶ上で必ずチェックしておくべきことがあります。

  • 一つはLTEに対応しているかどうか。
  • 一つはFOMAプラスエリアに対応しているかどうか。
  • もう一つはテザリングが可能かどうかです。

LTEに対応しているかどうか

現在スマホで使われている回線には、3G回線とLTE回線があります。
3G回線は下り数Mbps~14Mbpsで、ADSL程度の速度。
LTE回線は下り75Mbps~100Mbpsで、光ファイバーの速度に迫ります。
もちろん理論値なので、実際はこれよりだいぶ下回るのですが、両者の差は明らかです。
動画を視聴したり、アプリをダウンロードするといったシーンをはじめ、SNSを快適に見たりするにはLTEが必須と言えるでしょう。
スマホの中には3Gにしか対応していないものもありますから、LTE対応かどうかは必ずチェックしましょう。

FOMAプラスエリアに対応しているかどうか

上流回線がドコモの場合、周波数の異なるFOMAプラスエリアが存在し、使用する端末がFOMAプラスに対応していない場合は、そのエリアでは通信ができないことがあるので注意が必要です。

テザリングが可能かどうか

スマートフォンの中には、電話回線を受信してWi-Fiルーターとして使える機種があります。
これを使えば、外出先でノートパソコンでインターネットができるなど、スマホの用途が広がります。
これは必ずしも必要な機能とは言えませんが、ビジネスでの利用も考えているならチェックしておいた方が良いでしょう。