格安SIMの通話料を節約する方法

通話料の節約方法

MVNOの通話料は割高。通話派は徹底的に節約を

データ通信の料金は大手キャリアの1/3以下になっているMVNOですが、通話料は割高です。自前で設備を持つ仕組みが無く、接続先が丸ごと大手キャリアになっているためで、ベースはドコモ・au・ソフトバンクの従量プランと同じ料金です。そのため、どのMVNOも、ほぼ一律で30秒ごとに20円の料金がかかります。通話量が多いと、せっかくデータ通信が安くても、トータルでは大手キャリアと料金が変わらないということすらあります。データ通信以上に気を使うべきなのが、通話料なのです。
とは言え、この通話わ安く抑える仕組みも用意されています。その一つがプレフィックスの番号を利用して、通話料を半額にするというもの。IP電話アプリを自由に追加できるスマホのメリットも、活かさない手はないでしょう。伝言メモのような端末の機能をフル活用することで、電話代を抑えることも可能です。

通話料を半額にできるプレフィックスサービス

事前の準備は登録とアプリをインストールするだけでよく、発信もいつもの電話番号からできます。これだけで、料金が半額程度になるのが「プレフィックス」と呼ばれるサービス。電話番号の頭に特定の番号を入れると、キャリアの設備を迂回して相手の番号に接続する仕組みで、それによって料金を安く抑えています。最近では、MVNOが公式にプレフィックスサービスを提供するケース(みおふぉんダイアル、楽天でんわ、G-Call等)も。これを利用しない手はありません。
>> 無料通話アプリは使える?

発信をIP電話にして受信はいつもの番号に

電話ですら、アプリの一つとして簡単に追加できるのがスマホのメリット。元々は固定回線向けに提供されていたIP電話も、例外ではありません。データ通信の回線に音声を乗せているため、環境によっては一般の電話より音声もクリアになる上に、海外で使っても国内通話と同じ扱いになるのがメリットです。また、050番号同士なら通話料が無料になる会社も多くなっています。
>> 無料通話アプリは使える?

伝言メモを使って留守番電話の通話料を節約

オプションサービスとして契約できる「留守番電話サービス」がありますが、これはネットワーク側に音声を保存しておく仕組み。留守電わ聞くたびに30秒20円の通話料が発生します。そこでオススメなのが、端末に留守電を保存する「伝言メモ」。SIMフリー端末には少ない機能ですが、ドコモ端末やau端末は搭載していることが多いのでチェックしてみましょう。