確定申告は必要なの?株式投資家が気をつけるべき税金について

株取引(給与以外の収入)で20万円以上の利益が発生した場合には納税する義務が発生します。特定口座(源泉徴収あり)を利用することで証券会社に納税してもらう事も可能ですが、今回は特定口座(源泉徴収なし)か一般口座を利用した時の確定申告についてご説明します。

確定申告とは?

初歩的な事ですが、まずは確定申告とは?からご説明いたします。確定申告は前年の収入を2/16~3/15までの期間に自己申告し、必要な税金を納めることを言います。例えば2015年1/1~12/31までの収入は2016年2/16~3/15までに確定申告をして納税しなければいけないと言う事です。

口座別の確定申告のやりかた

特定口座(源泉徴収なし)の場合

「年間取引報告書」という確定申告に必要な書類を証券会社が作ってくれます。但し、証券会社が納税してくれるわけではないので、その他書類を作成の上税務署で確定申告をし、納税する必要があります。

一般口座の場合

全ての書類を自分で作成し、確定申告をする必要があります。「年間取引報告書」もないため、一年間全ての取引きを自分で計算する必要があるので、取引量が多いと非常に手間がかかります。

確定申告をする際の注意点

特に一般口座を利用している方は毎回の取引における「売却収入」「取得費」「売却手数料」を記録しておく必要があります。エクセルなどの表計算ソフトで管理しておく方が、確定申告の際に時間がかからないのでおススメです。

損益の計算式

売却収入-取得価格-売却手数料

売却収入

売却株価(空売りをした際は購入株価)×株数

取得費

購入株価(空売りをした際は売却株価)×株数

売却手数料

証券会社に支払う手数料及び金利など(売買形態や証券会社によって異なる)
これらの記録を毎日付けていないと、確定申告の際に一年間の全取引をまとめて記録する必要があります。証券会社によっては細かい記録を過去に遡ってみる事が出来ない会社もありますので、一般口座を利用している方は必ず記録しておくようにしましょう。
また、実際の確定申告をする際は国税庁のホームページで作成をします。上記の記録さえつけておけば後は簡単な作業になります。

確定申告をするメリット

特定口座(源泉徴収あり)を利用すると確定申告をする必要はありませんが、毎日利益に応じて口座から税金を徴収(厳密に言うと証券会社が預かる)するため、拘束金額が多くなります。しかし、特定口座(源泉徴収なし)か一般口座を利用すれば、自分の口座のお金は拘束されません。
極端な例ですが、一日に500万円の利益が出た場合に特定口座(源泉徴収あり)だと1,015,750円の税金がかかります※ので、次の日は口座からこの金額が引かれています。つまり、100万円強のお金が次の日の取引では利用できないと言う事になります。
しかし、特定口座(源泉徴収なし)か一般口座の場合にはこのような事態は発生しませんので、100万円強のお金も次の日投資に回せると言いうメリットがあります。
※税率は20.315%で計算しています。