自宅を買い換えたときの税金「居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算の特例」

土地・建物の売却損益は、分離課税の譲渡所得ですので他の所得と損益通算は出来ません。
ただし、居住用財産の買い換え等の場合には一定の要件を満たすことで他の所得と損益通算出来る場合があります。

居住用財産の買換え等の場合の譲渡損失の損益通算の特例

個人が平成19年1月1日から平成29年12月31日までのあいだに、所有期間5年超の一定のマイホームを譲渡し、新たに借入により一定のマイホームに買い換えた場合において、その譲渡資産について生じた譲渡損失は、譲渡年の他の所得と損益通算ができます。
さらに損益通算しきれなかった譲渡損失については譲渡年の翌年以降最大3年間繰越して、一定の要件のもとで、繰越控除出来ます。