b-mobile

b-mobile

500円から1500円の5段階制「おかわりSIM」

MVNOサービスを業界でいち早くスタートさせた日本通信の格安SIMブランド。特定の端末に向けたプランや小売店専用のプラン、外国人向けのプリペイドSIMなど、ほかにはないオリジナルプランが多く、注目を集めている。
最近では毎月の利用料金が1GB/250円からスタートして、5GB/1500円まで5段階のスライド制を採用した「おかわりSIM」が登場。ユーザーのニーズに合わせたプランが選択できる。データ通信ではSMS対応のプランが用意されていないので注意。

毎月使いたい高速データ通信量を調整できる

「おかわりSIM」なら、使用した高速データ通信量に合わせて課金されるので、あまり使わなかった月は出費を抑えられる。またデータ通信用の「b-mobile X」には、月別のほか日別のプランも用意されている。

長期契約で高速データ通信量が増える

通話対応の「スマホ電話SIM フリーData」は「1年継続オプション」を適用すると、毎月1GBの高速データ通信が無料でプラスされる。200kbpsに制限されたプランでも、このオプションで1GBが無料で追加。

1980円でデータ通信定額!

メインとなるプランは、高速データ通信が定額利用できる「b-mobile SIM 高速定額」。データ通信専用プランが1980円。音声通話対応プランは2780円となっている。データ通信速度は非公開となっているが、動画のストリーミングや音声チャットといったデータ量の多い通信も問題なく利用できる速度となっている。また、それぞれ使用できる高速データ通信料が3GBまでの低価格なライトプランも用意されている。
さらに音声通話用の「スマホ電話SIM フリーData」は、基本プランが月額1560円で利用可能。ただし、高速データ通信は利用できず最大200kbpsでの通信となる。
高速データ通信を利用する場合は、オプションで追加可能。1GB/340円、2GB/950円、3GB/1560円、7GB/2420円の4つのオプションが用意されているので、自分の利用状況に合わせて自由に選択できる。

提携SIMも多く購入しやすい

b-mobileは、他の販売店やオンラインショップと提携した格安SIMを提供しているケースも多い。特にイオンの場合は、独自のプランや端末を提供している場合もある。また店頭で購入した場合は、音声対応プランでも即日開通して利用スタートできる。
ただし購入先はそれぞれ違っていても、プランの変更などは、b-mobileのユーザーサイトで対応している。解約などねWebサイトから行える。

>> 主要MVNOの特徴に戻る

(最終更新日 2015年7月)