コスパ最強のSIMフリースマホ「g06(グーマルロク)」

 

g06のスペック

OS Android 6.0 marshmallow
CPU MT6737M クアッドコア 1.1GHz
ROM/RAM 8GB/1GB
外部メモリ micro SDHC /最大32GB
サイズ 約126×63.2×10.8mm
重量 約 129g
ディスプレイ 4.0インチ, WVGA IPS液晶 800 × 480ドット
カメラ アウトカメラ: 500万画素
インカメラ : 200万画素
バッテリー容量 1,700mAh
ネットワーク ■LTE: B1(2100) / B3(1800) / B19(800)
■W-CDMA: B1(2100) / B6(800)
■GSM: 850 / 900 / 1800 / 1900 MHz
SIMスロット microSIM / microSIM
WiFi IEEE 802.11b/g/n (2.4GHz)
Bluetooth Bluetooth 4.0

SIMフリースマホの中でも圧倒的な7,800円という安さ

LTEに対応した格安スマホで10,000円を切るものはなかなか存在しません。
「g06」がこれほどの安さを実現できているのは徹底的に不要なものを切り捨てたからでしょう。
なので、スマホの性能としては必要充分なレベルにとどまります。
液晶の解像度を800×480、カメラの画質を500万画素に、そして保存容量は8GBのみとしています。

この価格でLTE対応

7,800円という価格ですが、大切なところは押さえています。
この価格ではなかなか無かったLTEに対応している点は、評価が高いです。
LTEのおかげで通信速度が遅くてイライラするということはありません。

CPU、RAMは及第点

「g06」は必要なレベルのものはきっちり揃っています。
CPUはクアッドコア1.1GHz、RAMについては1GBと、ハイスペックとは言えませんが、普通に動作するスペックは揃っています。
実際に触れてみると、触れたあとからついてくる感覚があり、最初は違和感を感じます。
ただ遅くてイライラするということはありません。
このあたりのバランスはいいと言えるでしょう。

選べるカラーバリエーション

g06はカラーバリエーションが多いです。6色あります
格安スマホは地味なカラーバリエーションしかない端末が多いです。
その点g06は個性的な色も選ぶことが出来て他の人が持っている地味スマホと差別化出来ます。
Zenfoneなどと同じように裏蓋が着せ替えできるようになっています。

最新OS Android 6.0に対応

OSにはAndroid 6.0を採用しているため、安定性と利便性が高いです。
一般的にOSが新しくなったときにアップデートすると古い機種は重たくなり動作が安定しなくなります。
Androidはスペックが低いスマホにも対応できるように軽量に設計されているのでOSのバージョンが新しくても動作の安定性が保たれているのです。
ただUIは昔のAndroidと全く変わらないレトロな雰囲気があります。

とりあえず安くてそこそこつかえればいいというあなたに

g06はとりあえずちゃんとスマホとして、通話、メール、ライン、twitter、facebook、インターネットあたりをストレス無く利用できればそれででいいというあなたに最適なスマホです。
7,800円で十分なクオリティに満足できると思います。
二台目として最適

ゲームやカメラを楽しむのは厳しい

一方、「g06」はゲームやカメラをよく利用する方にはおすすめできないスマホです。
スペックからも明らかなとおり、画面は荒い、画質は荒いで利用していて楽しくないでしょう。
他の人が片手で収まりきらないスマホを持っているのを見て羨むことになります。

「g06」はgoo simsellerから購入

「g06」はgooが運営しているgoo simsellerから購入できます。

OCNモバイルONEのSIMカードが付属している

goo simsellerで購入するとなぜかOCNモバイルONEのSIMカードが付属しています。
OCN モバイル ONEは歴史あるプロバイダの会社OCNが運営するMVNOです。
MVNO市場古くからの参入プレイヤーで安定した運用実績が有るので安心です。
[st-card id=87]

OCNモバイルONEは契約しなくてもOK!

勘違いしやすいのは、付属しているOCNモバイルONEを使わ無くても良いという点です。
付属しているだけでほかのSIMを契約することも出来ます。
[rank1]