格安SIMでiPhoneを使う2つの方法

iPhoneを格安SIMで使うには

格安SIMをiPhoneで使う方法は2つあります。

1 SIMフリーのiPhoneを購入する

格安SIMと言うとSIMフリーのスマホが必要と思われる方が多いと思います。
iPhoneであればAppleストアで販売されているSIMフリー版iPhoneがこれにあたります。

2 キャリアのiPhoneを使用する

格安SIMのほとんどはドコモの回線を使用しているのです。それはつまり、ドコモ版iPhoneも使えるということなのです。
ドコモ版iPhoneならSIMロックを解除する必要もありません。iOS8以上ならテザリングもできます。
なので現状、格安SIMを使えるiPhoneを最も安く手に入れる方法は、中古のiPhoneを購入することになります。
ところで中古端末を購入する場合は注意しなくてはいけない事があります。
前の持主が端末代を割賦で購入している場合です。
支払いが完済していれば問題ありませんが、支払い途中で手放していた場合、まだ残債がある端末になりますから、将来支払いが滞ってしまった時はロックがかかって使用不能になります。このような端末を赤ロムと言います。
逆に完済している端末は白ロムと呼ばれ、これなら安心して使用できます。

キャリアのiPhoneをSIMロック解除する

また、合わせて覚えておきたいのが、auやソフトバンクのiPhoneで格安SIMを使うケースです。
共にiPhone6s以降でしたら、SIMロック解除を行えば、どこの格安SIMでも使えます。

ソフトバンク版

iPhone6以前の機種はすべて使えません。

au版

iPhone5はiOS 6.1.4のみ通話もデータ通信も可能。他のバージョンでは通話のみ可能です。
iPhone5cとiPhone5sはiOS7.1.2のみ通話もデータ通信も可能で、他のバージョンでは通話のみ可能です。
iPhone6とiPhone6 Plusは通話は可能ですが、データ通信はできません。
※これらの機種はテザリングは行えません。
以上の理由から、iPhoneで格安SIMを使うにはSIMフリー版またはドコモ版が無難ということになり、最安はドコモ版ということになります。