格安SIMにクレジットカードは必須?VISAデビット・口座振替が使えるMVNO

格安SIMにクレジットカードは必須なの?

格安SIMの契約にはクレジットカードが必要なところがほとんどです。
カードなら本人確認もより確かになりますし、料金の引き落としが自動、手続きが簡単で開通が早い、そして何より料金の回収率が高いなど、MVNOにとってメリットが多いからです。
ですが、格安SIMを契約したいと思っている人の中には、クレジットカードを持っていない人も少なからず存在します。
そうした人たちは契約を諦めるしかないのでしょうか?答えはNOです。

デビットカードが使える格安SIMもある

最近はTVCMも流れるようになってきましたが、VISAデビットカードというものをご存知でしょうか?
銀行のキャッシュカードにVISAカードと同様の決済機能を付けたカードで、分割払いはできませんが、口座の残高の範囲内で、VISAカードとしてショッピングに利用できるカードです。
分割払いができないため、基本的に月額決済には使えない場合が多いのですが、スルガ銀行とジャパンネット銀行のVISAデビットカードは、携帯料金などの支払いに使えるケースが多いです。
この2枚で利用できたと報告があるMVNOには、下記があります。

  • OCN モバイル ONE
  • 楽天モバイル
  • BBIQ
  • ASAHIネット
  • UQ mobile
  • BB.excite
  • DTI SIM
  • ワイヤレスゲート

なお、これらの対応状況は日々変化しています。
口座に残高が無く決済できなかった例が増えたため、So-netのように、デビット不可になっているケースも出てきています。
また、中にはデータプランならOKだけれども通話プランはNGとなる場合もあるようです。
ジャパンネット銀行のVISAデビットは、カードはダメだけれどもカードレスならOKといった場合もあります。
また、VISAデビットにはこの他、楽天銀行VISAデビットも可決率が高く、最近は楽天銀行JCBデビットカードなども登場してきています。
VISAデビットカードでの契約時には口座残高が必要なので、残高0円にならないよう気をつけましょう。

口座振替がつかえる格安SIMもある

クレジットカード以外の決済手段として口座振替が使える格安SIMもあります。

口座振替で月額料金を支払えるMVNOサービス(2016年10月現在)
MVNOサービス名 条件など
OCN モバイル ONE 事前にカスタマーズフロント(電話窓口)に問い合わせる必要あり
BIGLOBE データ通信SIMのみ対応(音声通話SIMは不可)
1請求につき200円(税別)の手数料が必要
NifMo 「@nifty接続サービス」を契約中であること
接続サービスの料金の支払い方法が「tabal まるごと決済」(※1)または「KDDI決済」(※2)であること
(通常の口座振替では不可)
ぷららLTE 「ぷらら会員」であること
支払い方法が口座振替または「tabal まるごと決済」(※1)であること
もしもシークス 申込み完了後に初回請求分を銀行振込
初回請求時に「保証金」(6000円・非課税)が必要
(保証金は解約時の料金精算に充当、残額を返金)
@モバイルくん。 特になし
LEQUIOS mobile 沖縄県在住者のみ
インターリンクLTE SIM
(データ通信のみ)
通常の口座振替のほか「tabal まるごと決済」(※1)も利用可
(※1)NTTドコモまたはNTT東日本・西日本の利用料金と一括請求するサービス
(※2)KDDIの各種料金(au電話料金など)と一括請求するサービス