格安SIMをau、docomo、softbankのスマホで使うには?

キャリアスマホを使う

格安SIMを使うには、国内3大キャリアが過去に販売した端末を使う方法もあります。
中古端末を購入するのもOKですし、手持ちの機種が格安SIMに対応していれば、そのまま使うことも可能です。

キャリアスマホのメリット

中古端末のメリットは、やはり通常よりも格安の値段でハイエンドクラスの端末を購入できる点でしょう。
購入の際は必ず「白ロム」という、割賦購入による制限がかかっていない端末を選びましょう。
白ロムかどうかは、IMEIと呼ばれる端末の製造番号がわかれば、ネットワーク利用制限確認サイトで調べることができます。

SIMロックの解除

キャリアで販売されたスマホを違うキャリアで使う、つまりSIMフリースマホとして使うためには、端末のSIMロック解除が必要になります。
2011年4月以降に発売されたドコモのほとんどのスマホがドコモショップで解除が可能です。
auのスマホはドコモやソフトバンクと通信方式が違うため、それらの回線を利用するSIMが使えません。
ソフトバンクについては、解除できるスマホは4機種に限られます。
これらの事情から、キャリアスマホのSIMフリー化はまだ過渡期にあると言えます。

ドコモのスマホ

国内で格安SIMを扱うMVNOの多くがドコモの回線を利用しているため、ドコモのスマホなら、SIMロック解除をすることなく、これらの格安SIMをそのまま利用することができます。
※iOS8以上のiPhone以外ではテザリングが使えません。

auのスマホ

auのスマホで格安SIMを使うには、au回線を利用するMVNO選ぶ必要があります。
現在はmineoとUQ mobileがあり、ともにLTE回線での提供となるため、スマホもLTE対応が条件となります。
※iOS8以上のiPhoneは使えません。

ソフトバンクのスマホ

現在はソフトバンク回線を利用するMVNOが無いため、ほとんどの機種で格安SIMは利用できません。5月現在SIMロック解除できるのは301F、201HW、009Z、008Zのみ。5月29日以降の発売製品はSIMロック解除に対応。

Y! mobileのスマホ

SIMロックフリーのスマホが多く、格安SIMの規格と通信方式さえ合えば、幅広く利用が可能です。

SIMロック解除の方法ってどうすればいいの?

2015年5月以降に発売された端末については、どのキャリアも概ね購入日から6カ月以上経過していることを条件にSIMロック解除をすることが出来ます。

ドコモとソフトバンクの一部のスマホは、2015年の4月までに発売された端末でもSIMロック解除ができます。
SIMロック解除の方法については以下の記事が参考になります。
[st-card id=53]