まず現状分析から!かしこく格安SIMに乗り換える!

まずは現状分析が大事

まず現状分析からはじめましょう。
格安SIMは、データ容量、通話プラン、オプションなどを自由に選んで料金を安くすることが出来ます。
一方で料金を安くすることに目をとられ、不便になってしまうケースもあります。
これでは本末転倒です。
現状分析をして、削れる部分を削る、残したい部分は残すのが、正しい格安SIMへの乗り換え方法です。
確認するのはいか2点です。

スマホからどれだけ通話しているのか

スマホから1月間にどれだけ通話しているのかを確認しましょう。

外出先でどれだけインターネットを見るか

格安SIMのプランは、主にデータ通信量によって決められています。
月間の通信量が2GB以内ならこのプラン、3GB以内ならこのプランという具合です。
では自分は実際どれくらい使いそうなのか?
各キャリアが用意している通信量確認サイトを利用すれば、それを調べることができますす。

ドコモ

dmenuにアクセス→「お客様サポート」→「ご利用データ量確認(当月分)」→ネットワーク暗証番号入力(spモード接続中)またはdocomo IDでログイン(spモード以外)

au

auスマートパスにアクセス→「お客さまサポート」「昨日までの利用料金 / データ通信料の確認」→au IDでログイン→「月間利用ギガバイト数の内訳はこちら」

ソフトバンク

My SoftBankにアクセス→「契約内容の確認」→「データのご利用状況を確認する」

現状分析が終わったらいよいよ格安SIMを選ぼう!

現状分析することであなたにぴったりの格安SIMが見つかりやすくなります。
自分は何が必要で、何がいらないのか検討していきましょう。