格安スマホ=SIMフリースマホではありません

格安SIMの普及とともに、「格安スマホ」という言葉を目にする機会が増えてきました。同じく「SIMフリースマホ」という言葉もよく目にするようになりました。
厳密に言えば格安スマホ = SIMフリースマホではないのですが、「格安スマホ」と「SIMフリースマホ」とでは何がちがうのでしょうか。

格安スマホとは

格安スマホとは格安SIMとセット販売されているスマートフォンのことを指す言葉で、端末自体を指す言葉ではありません。
つまり、端末が格安なのではなく、端末代を割賦で支払うことも含め、「毎月の通信料が格安」という意味になります。

SIMフリースマホとは

一方、SIMフリースマホという言葉はどういう意味なのでしょうか。
これは通信料とは関係無く、様々な通信業者のSIMを差して使えるスマートフォンという意味です。
格安SIMを使うには、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)から離れてMVNOの回線を使うことになります。
そのためにはSIMフリーの端末が必要になりますから(実際はドコモの端末なら大多数の格安SIMが利用可能ですが)、「格安SIMを使うにはSIMフリースマホが必要」などと言われます。
また、格安スマホが出てくる前から、海外のSIMを使う場合もSIMフリーの端末が必要でした。
SIMフリー端末というのは、以前からあった言葉なのです。
これとは別に、格安SIMと抱き合わせのスマホの宣伝などでは、「格安スマホで格安SIMを使おう」なんて表現が出てくるわけです
ややこしいですね。
こうしたわかりにくさから、SIMフリースマホ イコール 格安スマホのことだと勘違いしている例も見られるのです。

格安スマホもSIMフリースマホに分類される

なお、格安スマホは基本的にはSIMフリーですので、SIMフリースマホにも分類されることになります。
逆にSIMフリースマホは、必ずしも格安SIMとセット販売されているわけではなく、SIMフリースマホ単体でも販売されているので、一部格安スマホと呼べるものもありますが、全てが格安スマホではありません。

まとめ

格安スマホ=SIMフリースマホではないというのが結論です。
ただし明確に定義されている言葉ではありませんので、そこまで敏感になる必要もないかと思います。
格安スマホもSIMフリースマホもいずれも格安SIMが使えるスマホです。
格安スマホとSIMフリースマホとの意味を考えて格安SIMを選んだり、スマートフォン選びをしたりする必要はありません。
この記事を読んだあなたならスマートフォンを選ぶときには、この点は気にせず他の要素を検討しなければならないことがわかったと思います。