【書評】最高の生き方

『最高の生き方』は、『最強の働き方』『一流の育て方』で同じみのムーギー・キムさんが、哲学・脳科学・心理学・霊長類学・宗教学の真髄を1冊にまとめた最高傑作です。

著書は慶應義塾大学総合政策学部卒業後、INSEADでMBAを取得。その後、外資系金融業界に就いたり、バイリンガルを生かしコンサル事業をしたり、著書が6カ国にて60万部突破するなど、かなりエリートな経歴をお持ちです。

Amazonレビューには、

『この本は、著者が「これで執筆活動を引退されてしまうのでは?」と思えるほどの集大成になっている』

『ムーギー・キムさんと中野信子さんら有名著書のコラボが最高傑作を生んだ』

など絶賛の嵐です。

本書は[なぜ働いているのだろう][なぜ頑張れないのだろう][自分にとっての価値あるものとは何だろう]といった人生の疲れや悩みへの解決策が載っています。

先に結論を申し上げてしまいますが、その答えはズバリ「幸福の相対性理論」が働いているためです。

つまり、他者との比較によって幸福を感じていることによる弊害が起きていると言うわけです。

近年、インターネット社会が大流行し、世界中で大人気になっているSNSとして『Instagram』があげられます。

Instagramでは、みな、かわいい自分・かわいい我が子・かわいいペットの他、飲み食いした映えな食事・綺麗な景色・高級ホテル等々の写真をかっこよく、そしておしゃれに加工し、投稿しています。

ここまで聞いていると「ああ、Instagramの投稿は本当の人・物そのものではなく、加工し完璧に作られた虚像だよね」と気づくことができるはずなのです。

ですが、人間の脳は単純すぎるが故、見たものを本人・本物そのものと勘違いをしてしまう性質があります。

つまり、虚像である完璧に完成された人・物と完成していない自分を比べて自己嫌悪に陥ってしまっているわけです。

ちなみに、辞書で『虚像』と調べると『実際とは異なる作られたイメージ』と出てきます。

つまり本書では、Instagram上の友人や有名人たちのことを指します。

実際とは異なるものと比べて不幸を感じる必要などあるのでしょうか?いいえ、そのような必要はないでしょう。

このように、幸福を感じて生きるためには『自分の軸』を作ることが大切です。

幸福を他人と比べてしか感じられない人間には、最高の生き方はできません。

インターネット社会が進む中で、このように他人が気になると言う人間の習性を理解し、利用して生み出されたビジネスがSNSです。

[他人の行動が気になってしまう][他人に比べて不幸だと思う]これらは間違えなのです。

幸福とは、比べて感じる物ではなく、自らの心で感じることだと言うことがお分かりいただけるかと思います。

あなたも比べることをやめて、最高の生き方を実現しませんか?

この書籍には他にも、マウントを取ってくる嫌な他人・自慢してくる嫌な他人・嫌味を言ってくる嫌な他人などなどをわかりやすく動物に例えて傾向と対策を練ってくれています。

また、哲学・脳科学・心理学・霊長類学・宗教学の観点から、「なぜ他人は比べてしまうのか?」「なぜ他人は他人を気にしすぎてしまうのか?」「幸福とはなんなのか?」について幅広くまとめられています。

たくさんのリソースがあることから、かなり信憑性の高い内容になっています。

その辺の怪しい占い師がする話とは訳が違うわけです。

ぜひ、気になった方はお手に取って読んでみてくださいね♪